« 熱川バナナワニ園 | トップページ | 「世界の中心で、愛を叫ぶ」 のロケ地へ »

2008年7月16日 (水)

山道を行く

7月10日 木曜

曇りですが、天気予報が相変わらず
いつ雨が降るのか分からないような事を言ってますので
近くの山道に出かける事にしました。

先日バナナワニ園へ出かけた時にも
寄ろうかと思いましたが、雨がポツポツ降ってきたのと時間が少ないので
今日再度チャレンジです。

B地点には以前来ましたが、倒木と路肩崩れの為にこれ以上進んでも
どんどん道が悪くなる一方で、進むほど引き返しのリスクが増えますので
進むのを諦めて戻った道です。

今回は河津側からと白田側から進入してみます

B地点が前回断念した場所
Photo


地図の縮尺の関係で表示されませんが

A・B・Cの3地点は道は繋がっています。

河津側から入って見るも・・

A地点ですぐゲートで塞がれて通行止めでした…_| ̄|○
P1000122


まあ検討は付いてはいたのですが・・

気を取り直して、町へ戻り国道へ出てから白田側から入って行きます。

ここも予想は出来てましたが

どこまで進めるのかなって想いで
行けるところまで行ってみましたがC地点で断念です…_| ̄|○

手前の看板で分かってたんだけど、通行止めの看板を見ないと気が済まないんだよね(笑)
P1000126


ってな訳でバイクでの林道走行は今日はこの辺で諦めて
※シラヌタまでは鋪装されていますのでロードバイクで普通に行けます。

近くの山へ散策に行ってみよ~

C地点での通行止めゲートからちょっと戻った所に「シラヌタの大杉」への入り口が有りますので

バイクを置いて徒歩で向かいます
P1000127


ここだけは空気がひんやりしてますね~

日のほとんど差さない森の中をどんどん行きます。
P1000153


しばらく行きますと

あった~~「シラヌタの大杉」です
P10001322


横に回り込んで見ると・・
となりの杉の木を巻き込んで合体しちゃってます!!
P1000135


案内板を見ますと、そう言えば去年滑沢渓谷に行ったときに
太郎杉は近くに有ったのですが
多少歩くのが面倒と思い見損なっちゃってましたね
これは次回のツーリングの課題としましょう。


茨城県でしょうか?ブナの大木が有りそうですね。
いつか目指そう「森太郎」   ※長野県らしいですP1000142P1000144


バイクへ戻りさらに町よりに道を引き返しますと

シラヌタの池入り口です

写真の中央が分かりにくいけれど、入り口です
P1000155


シラヌタの池は天然記念物「モリアオガエル」の生息地です。
P1000159


細い道をどんどん行きます

って書くと簡単に行ったみたいですが
バイクのブーツとか皮パンを履いてると重いのと突っ張るので
ぜえぜえ言いながら歩きましただ…_| ̄|○
P1000166

この様な、かわいい橋が何カ所か有ります
P1000178


ちょっと写真が暗いですが、実際暗いので、あえて露出補正しませんでした。


しばらく行くと、おや?橋が腐って崩れちゃってます。

左下を見るとかわいい橋が掛けて有りますよ!
P1000180


かなり細い橋ですので、川に落ちないように命がけで渡ります!!
P1000184


この様な東屋が二カ所程ありました。

しかし、ここを使って休んでいく人が居るんだろうか??

途中で立ち止まって何度か休みましたが、ここは遠慮しちゃいました・・
P1000188


もう少し行くと吊り橋が!!
P1000199


しかしこの吊り橋は何かが、おかしい??

カメラは水平なのに、傾いちゃってます・・
P1000203


吊り橋には揺れ止めの為に、両脇にワイヤーを必ず張ってあるんですが

よく見ると洪水が有ったときの土砂のためでしょうか、ワイヤーが切れちゃってます・・
P1000207


メインのワイヤーさえ切れてなければ橋が落ちる事は無いので、気にせず進みますが
やはり気になる(笑)

草木が生い茂って向こうの端は見えないし・・

仕方ないので行きます・・(渋々)
P1000209


蜘蛛の巣が有ったので、小枝を拾いに一回戻り

ぐるぐる振り回しながら蜘蛛の巣を払いながら(笑)

ちょっと進むとありました~

シラヌタの池P1000211P1000223


付近一帯は原生林のため樹齢数百年を思われる大木ばかりです。

池の周りをぐるっと回ります。
池とは言っても水辺にうかつに踏み込むと、足が、ずぶずぶって入っちゃいますので
池というより沼なので注意しながら進みます

すると有りました
「モリアオガエル」の卵です。

もう少しで水に落ちそうですね

中でおたまじゃくしが動いているのが見えました。P1000227P1000230


下では「イモリ」が、おたまじゃくしを待ち受けてます。

こればかりは自然界の掟なので仕方がありませんね・・・

たぶんどこかでバランスが取れて共存共栄してるのでしょう。P1000252P1000220


古い倒木が朽ちたままに

原生林のままの風景が有ります。                  P1000239P1000242 
 
P1000245

参考にさせて頂いた、近所のペンション様
 

モリアオガエル
P1000256



のんびりゆっくりしてましたが、ここは帰り道が見えなくなっちゃいますので暗くならないうちに帰途に着く事にしました。

本日の走行距離 120㎞
 

|

« 熱川バナナワニ園 | トップページ | 「世界の中心で、愛を叫ぶ」 のロケ地へ »

コメント

茨城県のブナ、見てみたいわ。
そして傾いたつり橋を蛛のす払いながら渡るとこ読んで「大人なのに」と笑ってしまいましたが私も大人なのに似たようなことやってましたcatface
すごい場所がいっぱいだねえ、静岡県て。

投稿: 如月 | 2008年7月16日 (水) 05時04分

モリアオガエルの卵、小学生の時教科書で見た以来です。
伊豆にはまだこんなところがあるのですね。シラヌタ杉、合体しちゃうなんて凄い生命力だわ。このまま荒らされる事無く残っていってほしいです。

投稿: べこ | 2008年7月16日 (水) 13時05分

如月さん>
ブナの森太郎気になりますよね。
検索して近くでしたら、見に行かれてください。

蜘蛛の巣は、山道で一番苦手で
うっかり顔を突っ込もうものなら、その日一日
不快指数MAXです'''
しかたないじゃん・・・

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2008年7月16日 (水) 14時31分

べこさん>
モリアオガエルは住み家が少なくなったせいらしく
検索すると、今では民家の池とか、都会でもちょっと郊外などの、さもない池にも卵を産んじゃうらしいです。

同じく、この様な場所ってこのまま保護されて原生林のままでいてほしいですよね。

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2008年7月16日 (水) 14時39分

深い森の中って、すごく神聖な感じがします。
人間があまり入らないところは、森そのままの息づかいが伝わってきていいですね♪
堪能させていただきました^^
自然って素晴らしいですね

投稿: 嫁太 | 2008年7月16日 (水) 21時10分

凄いですね、ビックリcoldsweats02

私は一人で歩けないですよ・・・怖すぎww

でも自然って本当に素晴らしいですねhappy01

投稿: はーちゃん | 2008年7月16日 (水) 21時49分

嫁太さん>
原生林って管理された人工林とは違って
風格と言うか威厳みたいなオーラがありました。

普段は山歩きとか滅多にしないので、今更ながら
自然を満喫してくることが出来ました。

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2008年7月16日 (水) 21時59分

はーちゃん>
近いようで、あまり山道を歩く機会がないので
たまには良いですね~~
自然には癒されます。

ここは原生林なのに歩きやすいのでお勧めします
いつかみんなでツーリングで行きましょうよ。

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2008年7月16日 (水) 22時11分

おおっ、天然のイモリ! 昔は家の近所にもいたのですが。。。さらにモリアオガエルとは。
こういうところは、いつまでも残って欲しいです。

投稿: ぺぎら | 2008年7月17日 (木) 13時10分

うーん…、すごい…。

投稿: ドン・キホーテ | 2008年7月17日 (木) 23時34分

はー。がん見してしまいました。すごい。。。
森林浴なんて笑っちゃう位の深い森ですね。
隣の木と合体…って!神秘だわー!think
なんど見ても。

投稿: アンナヴィ | 2008年7月18日 (金) 10時41分

ぺぎらさん>
ここのイモリは網ですくったら、ごそって捕れる程
そこら中にいっぱい居ました。
自然の摂理としてもモリアオガエルの子が
はたしてどのくらい生き残れるのか
心配になっちゃう程居るんですよ・・・

イモリも含めて付近一帯が保護の対象となっていますが
ずっとそのまま保存されていて欲しいですよね。

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2008年7月18日 (金) 19時35分

ドン・キホーテさん
う~ん、すごいでしょ~~~
でも、生で見るともっとすご~いですよ。

※主語不詳のまま(笑)

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2008年7月18日 (金) 19時37分

アンナヴィさん>
森の威厳のようなオーラがすごくて
森林浴をしようとかという
発想そのものが、まったく思い浮かびませんでした・・・

普通は枝って避けて伸びますよね
それかクロス状に癒着状態になるんですが
どうすればこういう風になるのか、完全合体しちゃってます。

写真では二カ所しか写ってませんが、さらに上でも合体してるんですよ・・・

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2008年7月18日 (金) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196693/41847487

この記事へのトラックバック一覧です: 山道を行く:

« 熱川バナナワニ園 | トップページ | 「世界の中心で、愛を叫ぶ」 のロケ地へ »