« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

バイクの話あれこれ

バイク屋の店長との会話です。

話は 故 阿部 典史氏の話になり、典史氏は友人のメカニックの方の家に遊びに行った帰りに事故に遭われたのですが、その友人と店長が知り合いで、葬儀に参列し事故現場にも行ったのですが、その時の話を聞けたので、書いてみます。

典史氏は丁度トラックのミラーの死角にいたらしく、まったく車が来てないと思ったトラックが
車が居ないうちに急いでUターンしてしまおうと思ったらしく、いきなり突然Uターンを始めたトラックを避ける術もなく衝突してしまったとの事でした。

プロでも避けれないって、かなりバイク側も速度を出してたのでは?とか皆さん思うらしく
あなたもそう思いますか、自分も最初はそう思ったんだよねと店長

実際は、現地の実地検分とか警察側や家族の話から「阿部 典史」氏は制限速度で走行してたにも関わらず避けきれないほどいきなりトラックがUターンして巻き込まれたとの事でした。

そして典史氏は周りを心配させたくないとの思いから、救急隊員に「大丈夫です」って言ってしまったらしいのですが。
これが命取りになりました。
店長曰くもし事故とかに遭ったらおかしいと思ったら絶対に「大丈夫です」とか「平気です」とか「たいしたこと無いです」とか絶対に言っては駄目だよと言われました。
とにかくやばいと思ったら「おおげさでも死にそうな振りをしろ!!」それが助かる道だと。

典史氏は外傷より内部出血がひどかったのですが「大丈夫」と言ったのが処置が遅れる結果となり
いろいろ検査をしてる最中に意識不明になり、亡くなられました・・・

今更ではありますが
「ここに阿部選手の他界を悼み、心よりご冥福をお祈り申し上げます」



そして話は「たら・れば」に

済んだ事を、こうだったらとかああしたらよかったとか、今更言ってもしょうがない済んだことは忘れようって言葉がありますが、バイクやレースでは「たら・れば」は大事ですよねって話。

「たら・れば」と言うのは反省会であり進歩するためには非常に大事です。
もし危ない思いとか失敗したときに、こうしたらよかったとか、ああしてれば大事に至らなかったのではって考えることは、経験値を増やし、スキルアップにつながります。

失敗したら、それをいかに「たら・れば」で反省し、次回に生かす事が大事です。
それを、済んじゃった事を言ってもしょうがないって終わりにしてしまうと
進歩が無く、経験が生きません
済んだ事でも「たら・れば」でいろいろな方法を考え「自分の引き出しを増やす」のは
安全運転においても同じです。

そんな話しやら、タイヤのウォームアップの話へ
この時期は路面温度が低くてグリップが悪いですが、レースは別として一般道路の話
一般道路で意図的に温度を上げても無駄です、一時的に上がってもすぐに信号待ちとかで冷たくなっちゃいます、近場なら暖まるまでに着いちゃいますし、触って暖かいくらいには、しばらく走るとなりますので
それまではコーナーとかはゆっくり走るしかないよねって、結論との事
今まで注意したのにも関わらず店から出たときに何人コケてんだか・・って言ってました。

とは言う物の峠とかではそれなりの速度で走りたいですよね
この時期のタイヤは温度だけ温めても、普段あまりバンクさせてないために、中央部分は良いのですが
両サイドの部分がワックス分が浮いたままになってしまい、いきなりバンクさせると危険です
ですので、リーンアウトとかを使いながら、意図的にぐいぐいバンクをさせて両サイドのワックス分を飛ばします。

バンクさせると危険って書いたのにバンクさせるのはおかしいと思うでしょ。
バイクってバンクさせただけでは滑りません、そこに遠心力が加わり外に押し出そうとされなければ
滑らないんですね
なのでゆっくり旋回中に一時的にリーンアウトでぐいって倒しただけのときは滑りません
そこにアクセルを開ける等の操作を加えない限り遠心力が増えない時は滑らないもんです
そうしてるうちにタイヤはほどほど暖まりますので、そこそこの速度では走れるようになります
※と言っても夏ほどは暖まりませんのでご注意を。

そんな話をしてたら長居しっちゃったので、帰途に着きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FZ1フロントタイヤ交換

12月27日

FZ1のフロントタイヤがそろそろやばいので、交換してきました。

途中ナップスにちょっと立ち寄ります、見かけたバイクの写真を撮らせていただきました。
これは手前がKAWASAKIの「Z1」900cc ゼファーでは無いP1010201



フォルツァのシートが・・ルイヴィトン仕様(風)ですね
P1010206

でもってバイク屋にやっとこさ着き。

交換前のタイヤ  スリップサインの見方が分らない方の為に何枚か写真乗せますね、通常溝が有るところに一部だけ溝が浅い部分が有って溝が一部だけ繫がって溝が無くなるようになってる所がスリップサインの場所です、赤丸で囲んだ中央がそうです。

スリップサインが出ちゃってますね
P10101912

ここなんかはサイン以外のところも繫がっちゃってます
P10101922


ここはあと0.5㎜ほどなんとか溝が繫がらずに残ってます。
P10101942


今回は店でレースの時に使ったタイヤが余ってるので買わないかと言う話になっててね、まだ90%以上残ってるタイヤが工賃込みで8000円でした。

帰りにYAMAHAのカレンダーを貰ったのですがFZ1には積むところが無いんですよね・・・

でもってミラーにテープでぐるぐる巻きにしてお持ち帰りしました~~
P1010215


バイク屋では店長といろいろバイク関係の話をしましたが、それはまた別に書きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

サンタクロース

以前にも書いたけど・・  クリスマスなので(笑)

サンタクロースはなぜ赤い服を着たおじいさんなのか???


それはコカコーラ社が宣伝の為に、赤い服を着たひげのおじいさんをイメージキャラクターとして作り世界に広めちゃったからです

それまでは妖精みたいなものとか考えられてたみたいです

サンタの紀元はかなり古く諸説がいろいろ有りますが、赤い服を着たサンタはコーラ社の戦略で一般的になりました。

http://www.cocacola.co.jp/info/faq/cola05.html
http://homepage2.nifty.com/tori-hide/xmasday5.htm
http://www.s-shibuya.com/essays/santaclaus.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

FZ1の車名

FZ1の車名って、パーツとか検索する時に実に訳が分りません。

以前はFZS1000と言われてた時に北米仕様はFZ1という車名でした。

06~07になってからFZ1に統一されたはずなんですが
ヨーロッパ仕様のエンブレムはFAZERのみでオプションのフルカウルを付けると
FZ1の車名が隠れてしまい車名「FAZER」のみになってしまいます
Fazer

なのでFZ1のステッカーを取り寄せてFAZERの上に貼り、車名「FZ1 FAZER」としてます。
フレームスライダーはヨーロッパYAMAHAオプションのですが、ノーマルのままですと長さが足りないので、フルカウル用に長さを延長したスライダーを付けています。
P1010119

しかしFZ1のオーナーズマニュアルを見ますと「FZS10V」に車名がなってるんですよね。
P1010138

FZS10Vって車名はどこにも出て無い名前で、意味が分りません・・・・

では車両形式かと言うと、プレストのパーツ情報検索を見ますと形式「3C3F」となっています。
車検証の形式は「RN17N」です。

まったく訳が分りませんYAMAHAさん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

雪でもバイク

どうも最近ネタ切れでYou Tubeネタばかりの★しょうが★で~す(爆)

雪が降るとバイクに乗れないと思ってる方に

WR450改造雪上仕様


フロントにソリを付けて、後ろはキャタピラ仕様にしてます。
こっちの方がどんなになってるか分ると思います




いままでのは改造した特殊なバイクですが、スパイクタイヤを履けば普通のバイクでも
氷上走行出来ます。

バイクで雪道行きたいですね~~~。





スケート場でもレースが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

上手いんですが・・・

YouTubeで見つけた動画

上手いんですが・・・

なんて評価というか、感想を言ったらいいのだろう? 言葉が見あたりません。
(日本じゃ危ないよで、終わっちゃうかな・・)


このチャリは上手い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

WR450Fキャブ掃除

12月13日
今日は雨、昨日の天気予報で雨とは分ってたけど、実際に雨降ってるとやはり凹みます・・・
ごろごろしてたけど、どうも一日もったいないので、めんどうだと思ってたキャブ掃除をすることにしました。

昨日のオイル交換で暖気の時にエンジンをかけたんですが、なんとセルボタンを押すこと二十回近くでやっとこさエンジンがかかりました、これほどかかりが悪いとバッテリーが上がるのが先かエンジンがかかるのが先かの世界ですね・・  こりゃツーリング中だとまずいよね。

ここのところ冷えてるとかかりが悪かったけど、これだけなかなかかからなかった事は無いので、キャブのオーバーホールを決意。

チョークを引いててもちょっとアクセルを開けた状態じゃないとかからなかったので、チョーク系統と
低速のジェットの詰まりが考えられるのでそこを重点的に掃除します。

燃料タンクは外さなくてもキャブは外せますが、外しておいた方が後の作業が楽なのでシートとタンクを外してからキャブレターを外します。
P1010109


キャブをバラバラにしてポートというポートをしつこくクリーナーで掃除します。
P1010105


後は元通りにどんどん組み上げて終了。

で、なんと一発でエンジンがかかったよ~~。
このエンジン冷えてる状態で一発でかかるのは稀なので、いったいどんだけ放置してたんだ・・・・(汗)
こんな事ならとっくにめんどくさがらずにバラせばよかったよね・・・。
キャブ調整の為には何回かキャブはバラしてるのに、完全なるオーバーホールはしてなかったのね、どうも歳を取ると何事にも億劫になるなって、年のせいにしときます(爆)

しかし何回やってもバラしたエンジンを初めてかけるときって不安な気持ちと、結果はどうだろう?っていう期待感とが入り混じってどきどきしますね、 これが楽しみでもあるんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WR450Fオイル交換

12月12日

WR450Fのオイル交換
しばらくエンジンをかけて暖めます、WRって走行中は風が当るのでそうでもないけど
停止中にエンジンをかけておくと二分程でもう排気管が真っ赤になります
P1010048


WR450Fのエンジンはドライサンプ方式と言ってエンジンの中にオイルを貯めるのではなく、フレームの一部がオイルタンクになってますので、まずそこからオイルを抜きます。
レンチをかけてるボルトが、ドレンボルトです。
P1010060

もう一カ所は普通のエンジンみたいに下後方から抜きます。
P1010098


覗きマドは無いのできっちり1リッターオイルを計って入れます。
オイル量は1リッターしか入らないのでオイル代だけは安くてすむので助かりますね~。
黒いキャップがオイルを入れるところ。
P1010085

しばらく暖気したら、レベルゲージでオイル量を確認します。
レベルゲージはステアリングポストの脇にあるので、ゲージを出して量を確認します。
P1010083

E~Fの間にレベルがあればOKなので終了。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

くま くま くま

ぼ く は く ま

頭の中を くま くま くま くま くまって回り続けてます

一日中 くま くま くま~~~~~~~~~~~~


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

スロットルアシスト

自分は右手首に関節炎をかかえてる為に長時間バイクのアクセルを握っていると
どんどん手首がハンドルを放したくなるほど痛くなってきますので、手の甲を下にして
秘技「逆手スロットル」(爆)とかでしのいでますが、やはり長時間のツーリングとかでは辛い物があります。
スロットルアシストを使うと楽ですが、どうも峠道では使いにくくて邪魔になるし、付けたり外したりも面倒なので色々試してみました。

スロットルアシスト市販状態
1000375



アクリル板を温めて曲げたり削ったりして色々な大きさで作ってみました。
P1010012



試した結果 必要最小限の大きさがあれば充分効果が得られるので、市販品程の大きさは要らないとの結論になりました。
これは試作ですのでアクリル板で作った為に寒い時期はすぐに割れちゃいます、いずれポリカーボネートで作り直す予定でしたが、あえて買いに行くのも面倒なので市販品を削る事に決定(笑)
市販品はエンジニアプラスチック製なので割れにくいしね。
ほんでガリガリと・・

でけた~~
P1010018



削り跡が有りますがエンジニアプラスチックってあんまり塗料が乗らないのね・・(プライマー塗ると乗りますが所詮天ぷらの衣状態)
サンドブラスターが欲しいな・・・

この大きさでも充分効果が有って、長時間乗っても手が痛くならないし峠でも邪魔にならないので今回の改造は終了とします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

時之栖イルミネーション

12月6日

どうも今日は寒いのもあるけど、なんか出かける気が起きなくて家でうだうだしてましたが
新聞を見てたら御殿場市神山にある「時之栖」(ときのすみか  と読みます)で
イルミネーションが始まりましたと書いてあるのを発見。
ついでに三島へバイクのオイルを買いに寄りながら出かけてきました。

行く途中伊東湾にて
なぜか伊東湾には自衛艦がときどき停泊します、イージス艦とかもたまにいますが
本日はこの艦でした。  おたくじゃないので艦名はわかんない(笑)
P1000849   



イルミ点灯は日没からなので、バイク用品屋さんであえてゆっくり時間を潰し(爆)
日没後に御殿場へ。

そして「時之栖イルミネーションP1000885 P1000978 P1000988 P1000929 P1000940 P1000942_2

敷地内にある「御殿場高原ビール」さん
P1000937


静岡おでんどれでも100円に釣られ、ちょっと・・(笑)
P1000901


これで計400円なり
P1000909



がしか~~し・・
はっきり書きます、ダシは出てないわ、大根はうまく煮えてないわで
半分残して捨てました・・・・・・
※ここだけだと思うけど、これじゃ「静岡おでん」の印象悪くなっちゃうよ・・



ところで「静岡おでん」って何?って前から思ってたんですが、看板に静岡おでんの説明が書いてあって「静岡では子供のおやつとして食べられてきました」との行を見て
あああ、そうか~ってやっと意味が分りました。
静岡おでんってね、一杯飲み屋さんとかで出してるおでんでは無く
タイ焼きとか今川焼きとか売ってる店で作ってて、子供の頃遊びに出かけた時に、そういえば買ってたな~って思い出しました、駄菓子やさんとかでもおでん売ってたのも思い出しました。
当時20円~50円くらいだったような気がします。

つまりまさに「おそ松くん」のちび太のおでんですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

城ヶ崎 (伊東市・伊豆高原)

今日は明るいうちに仕事が終わったので、ちょっと城ヶ崎に行ってきました。

今日の目的地は「かんのん浜のポットホール」と「橋立」

ここは駐車場から遠いのとあまり紹介されてないので知らない方も多いと思います。

まずはポットホールから。
いがいが根の駐車場に車を停めたらこの看板の右側を入ってどんどん進みます。
P1000723




するといがいが根と書いてある杭(看板?)の有るところに出ますのでそこを左に入ります、道幅が50㎝くらいしか無いので分りにくいですが200㍍ほどですのですのどんどん行きます。P1000727

そして「かんのん浜」と書いて有る杭が有るところに出ます。

ポットホールの場所ですが、いろいろ検索してみた結果どのサイトでも詳しい場所を明記して無く、ポットホールが天然記念物の為、あえて詳しく書いて無い物と思われますので詳しい場所については書かないでおきます。※ヒント この写真の右手の松の延長線上とだけ書いておきます。
P1000731



これが「ポットホール」です。

河川では珍しくないですが、海では日本では二カ所しか発見されて無く。(岩が入ってるのは)
さらに河川のはホールは有っても大きな丸い石が入ってるのは稀です。
ここのポットホールには直径が70㎝ほどの丸く削られた岩が有りたぶん日本で一番大きいらしいとの事です。
P1000740


お約束のタバコの箱

この写真を撮るために波しぶきを浴びながらタバコの箱を乗せて撮影(笑)
P1000761



この写真をよく見ると分ると思いますが 、石の右下に直径1㍍以上のくぼみが有り、これはかって球の大きさが1メートルくらいはあって小さくなりながら今の場所に落ち着いたようです
P1000741


違う角度から、これは左側にくぼみが見られます。
P1000770


そして「橋立」へ

伊豆高原駅の裏手に無料駐車場があります。
P1000789


駐車場の反対側に「橋立吊橋」と書いてありますのでそこから入ります。
P1000795


そのままどんどん進み
P1000797


この看板が見えたら右へ
P1000799


しばらく行くと「海岸降り口」の看板があります、小さい看板で分りにくいので見落とさないように。
P1000801


ちょっと行くとすぐ海岸へ降りる道がありますが、天然の岩に手すりを付けただけですので、気をつけて降りますが、すごくつるつる滑るのでご注意を。
P1000808


海岸へ降りると「柱状節理」と言われる 亀甲状の石柱が見られます。P1000814P1000829


「大淀」「小淀」と言われる天然のタイドプール
P1000824


橋立の吊橋を海側から見る
P1000823


「橋立の吊橋」はたいして高い所に有るわけではないのですが、以前紹介した「門脇吊橋」より作りが簡単なために一人で渡ってもかなり揺れるので、高所恐怖症の方はかなり楽しめますよ(爆)
P1000837


日没が迫ってきたので家路に着きます。

今までの所要時間、写真を撮りながら1時間弱でした。
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »