« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

えっ? あの「うまい棒」が入浴剤になった!

あの「うまい棒」が入浴剤になった!

>株式会社バンダイは、子どもたちに人気のお菓子「うまい棒」をモチーフにした
>入浴剤「うまい棒入浴剤」を12月7日より発売する。 全8種類で希望小売価格は210円。

これって、アイデアは良いけど、子供がいる家では厳重に隠さないと
子供が間違って食べちゃわないだろうか?
発売前から心配です。

アイスキャンディ型入浴剤「ガリガリ君入浴剤Cool!」が100万個以上売れる人気商品となったという前例があるので平気なのかな?

まさかクレーム隠しで食品偽装問題みたいにならないといいけど・・
気にはなります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

本日のマンホールとか・・

東伊豆町にて

なぜか丸い蓋でデザインしてるのが見あたらず、四角いけど、これはって思ったので撮ってきました。

    纏
Nec_0002




う~ん、これは皆様の感想をお待ちします(笑)
Nec_0004

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

本日のマンホール

堂ヶ島へ出かけたときに見つけたマンホールです

南伊豆 手石・小稲にて
P1000646
下側の画は特産の伊勢エビですね、上の虎は無形民族文化財の「手稲の虎舞」を模したものです。




妻良(めら)にて
こちらは盆踊りが無形文化財と書いてありますね。
P1000651


そして湯ヶ島では
これはもう説明しなくても分るでしょう。
分らない方の為に(笑)
これって誰が主演をしてたか聞くだけで世代が分っちゃいますね、美空ひばりが主演してたのは知らなかったですね。
P1000719

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雲見浅間神社(烏帽子山)

11月22日木曜日
いつもは通り過ぎるだけで、登ったことが無い雲見浅間神社へ出かけてきました。

下田に着く前にちょっと尾ヶ崎ウイングに休憩に立ち寄りましたが、今日は空気が澄んでて
伊豆七島がはっきり見えます
普段は天気が良くてもモヤが掛かり、年間でもこれほど見える時はあまりないので、記念にちょっと撮影

左から「利島」「鵜渡根島」「新島」「式根島」 近くに感じますがこれでも百㎞以上離れてます。
P1000638


下田の白浜沖を望む、これからの季節は「風待ち船」と言って風が強い時、この海域が数十隻のタンカー等の船で埋まってしまって圧巻です。

夜見ると船の明かりが沖まで埋め尽くされて綺麗ですよ~
(今日は数隻しかいませんね)
P1000640


今までの写真ですと波が無く見えますが下田沖10㎞に浮かぶ「神子元島」をアップで撮った画像を見ると波の強さが分ると思います。
P1000649



でもって寄り道しながらもやっと雲見へ(笑)

烏帽子山の頂上の浅間神社を目指します
この左側の山がそうです、さもない山に見えますが裏側は海からほぼ垂直にそそり立ってて、想像よりも登るのが大変だと分かるのは後で知ることとなる。
(いつものパターンですが・・(笑))
Photo



ふもとの鳥居の前にFZ1を停めて出発!!
P1000655


階段をどんどん登ります(この頃はまだ楽勝だと思ってたのね・・)
P1000657



しばらく登ると拝殿が見えてきました
P1000660


こんな場所まで大きな狛犬さんを担ぎ上げるのは無理と見ええて、かなり小ぶりな狛犬さんです。P1000662 P1000661


拝殿の横に回ると上に階段が伸びてます。

ん??真っ直ぐなのに先が見えないですね~、実はこの階段がくせ者で足を掛けるところの踏み幅が10㎝くらいしか無くすごく登りにくいんですね、一段飛ばしで登ってみたり、体を横にしてカニさん歩きで登ってみますが、どうやっても登りにくくて、日頃の運動不足とオーバーパンツとライディングブーツの重さも加わり、上に着く頃には数段登るとすぐに足が上がらなくなり、何回も休みながらやっとこさ階段登りました  ゼーゼー・・・・・・・・・
この階段上に行くほど急になってて疲れるのなんのって。
P1000663




階段と途中にあった社P1000666 P1000667



社をぐるって回って見るも道がないんですけど?
もしかしてこれが道?と思われる方に行きます
※撮影する時にカメラは斜めに傾けてません、すべて水平か垂直にして撮影してます
P1000668


こんな道をどんどんのぼるのぼる
で、こんな所に、もしかしてもしなくてもここが道です・・P1000670P1000673
P1000676_2


これでもここが道らしいです・・
P1000677



どうやらこの岩場の先が続いてる様なので道みたい・・
左は断崖なんですけど、いくっかないすね。
P1000681



おおお~やっと本殿が見えてきました。
ですが、かなり左側が崩れてるんですけど・・・
P1000684



ついに着きました「本殿」焦点距離28㎜にしてもこれ以上後ろが無いために下がれず、これくらいしか画像に収まりきれません
P1000686


左に回るとついに展望台が~~
P1000688


このてっぺんって畳一畳もありません
P1000699
後は登るだけですが・・・

が・・・・・

が・・・・・・・・

今日はとんでもない強風の為に怖くて立ち上がれないのでした・・・・・・
元々何も遮る物が無いために普段でも強風が吹いてると思われますが、登ってきて膝がガクガクなのもあって、手すりに捉まってでさえ、真っ直ぐに立てなかったんですね。

でへっぴり腰になりながらも周りを見ますがまさに絶景です
実は・・・海側の写真は今回は怖くて撮れませんでした||_| ̄|○||||
風に落とされそうで海側には寄れなかったのね、へたれな自分・・・
(リベンジとか言いながらこれで同じ場所に何回も来ちゃうのねたぶん(爆))P1000693 P1000696 P1000702

山を下りて少し休憩してから、烏帽子山を後にし、ちょっと「堂ヶ島」に立ち寄りますP1000716 P1000717


すぐ近くに三四郎島がありますが、珍しい「トンボロ現象」が起きる島です、まさに珍島物語の世界ですね 潮位表

海が割れるのよ~♪の現象動画

堂ヶ島を後にして帰路に着きますが、以前行った「滑沢渓谷」へそろそろ紅葉の時期なので期待して立ち寄ってみましたが、今年はなかなか気温が下がらなかったせいらしくて、あまり赤く色づいて無く、葉が黄色いまま落葉を迎えそうでした。
これにはがっくりして写真も撮らずに帰途に着いちゃいました(笑)

本日の走行距離200㎞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

カートでびゅ~

11月15日

大井松田にあるKART LANDOに友人が行くと言うので、一緒にお邪魔してきました。

カートには乗った事が無かったけど、乗せて貰える事になり、ちょっとだけ乗せてもらえました。

カートって想像以上にハードなんですね、車に乗ってた時はフルバケットシートに四点式ベルトしてるとそんなに横Gは感じないのですが、カートはセミバケットシートなので、腰から上の遠心力による横Gをもろに体で受けることになります、ハンドルは重いし、ものの数分で体中が痛くなってきました。
でもバイクと違ってこける心配しなくて良いので思いっきり突っ込めるのはいいね~~
突っ込みすぎてスピンとかやらかしましたが・なはは

カートに乗ると慣れないうちは数日間は体中が痛くなるとベテランから脅かされていたのと、集中力が途切れそうだったので、わずか数周でギブアップ・・
それを三回ほど乗せてもらいました。

カートはバイクとは筋肉を使う場所が全然違うんですね、これを書いてる時点で体中が痛くて動くたびに痛たたと言いながら書いてます(痛)

ここはちょっと小さめなサーキットですが初心者には丁度良かったです。P1000587 P1000591

P1000593 P1000617

自分が走ってる所を撮ってもらったのですが、カメラ慣れしてない方で、追いかけきれずにぶれぶれで、使える写真が無しです
「置きピン」と言って取りたい場所にピントを合わせて半押ししたまま待って、そこに飛び込んで来たときにシャッターを切れば良いのですが、友人は説明してもうまく出来なくて、こんなです

ドライバー★しょうが★だ~~でもぼけぼけ→友人が撮影P1000619

友人の走行
P1000605

乗せてくれてどうもでした~。
P1000606 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本日のマンホール

市内でさらに違うデザインの消火栓の蓋発見


P1000624

たぶんこの車両と同様の車両をモチーフにしたと思われます。
P1000625


【番外編】
この車両はナンバーに注目(笑)
さ~一番に行くぞで御座います(ん?そういう意味とちゃうか・)
P1000627

でもってマンホール番外編

この蓋は滑りにくそう。
P1000622

これなんかアスファルトと同化しちゃってますね(笑)
P1000623   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

盗難車の悲劇!!

他の方のブログを拝見してましたら、盗難車の悲劇が載ってまして
以前知り合いの方に似たような悲劇が有ったので書いてみました。

バイクを盗難されたAさん、警察に盗難届を出してから
暫くしてから、警察より、盗難車発見の電話がきまして

その時はその後起こる悲劇をまだ知らず、警察に行きました。

続きを読む "盗難車の悲劇!!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日のマンホール

前傾の如月さんが色々なマンホールの写真を撮られてるので
  如月さんの「本日のマンホール」のカテゴリー
自分も撮れたら載せたいと思い、撮り始めてみました。

町で見かけた消火栓の蓋
Nec_0055


城ヶ崎の門脇灯台と吊り橋をモチーフにしてますね
Nec_0056


これが元になってる風景。
P1000490



これはタライ乗り競争をモチーフにしてますね~
00572


タライ乗りってこんな感じ
Img_3207   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

対称

「一碧湖」にて午後4時 空と湖面

P1000578 P1000579 P10005582

| | コメント (6) | トラックバック (0)

工事中

工事中の所には三角の柵が置いてありますが

最近いろいろなバリエーションありますね。

ケロケロケロ~
P1000562_5



おさ~~るさ~~んだよ~~~♪
P1000558







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

安倍峠

11月8日

前回山伏峠が通れずでしたので、今回はその隣の峠(東側)である安倍峠及び林道湯之奥猪之頭線に行ってきました。

マップルによるとほとんど舗装路らしいのでFZ1にて出発。

天気予報では晴れでしたが、ほとんど終日曇りでした・・
雨に降られるよりはましですが、最近一日晴れてた試しがありませんね~、いったいどうしちゃったんだ、この頃の天気、これも異常気象の一部かな?

まずは静岡より県道29号線を通り梅ヶ島を抜けて「梅ヶ島林道」へ
途中でふと右側に目をやると「安倍の大滝」
P10005052


道路から離れてるので、うっかりしてると見落とすところでした
P10005032



この様な小さな滝は至る所に有るので、いちいち撮ってたらきりが無いので 、撮るのをやめたら、これが今回写真が少ない結果になる(笑)
っていつもの事ですが・・・
P1000510




峠道を走り出しちゃうと、停まるとリズムが狂うので停まりたく無くなるのと
どうせならもっと良いポイントがないかな~この辺じゃまだだなとか思ってて取り逃す事になるのは分かってるつもりなんですが・・。

そして後で気が付いたのですが、峠をもっと登ると紅葉が真っ赤で綺麗かなと思いどんどん登っちゃったんですね。
ここ安倍峠は標高2000m弱ですので峠の頂上付近までくると、針葉樹林帯になり広葉樹が無いんですね、これは登ってる最中には気が付かずどんどん登って初めて気づいた時にはすでに遅し(笑)

峠の下りに期待しますが、反対側はコンクリートによる崖ばかりで、なかなか撮影ポイントが有りません
たまたま停まったヘヤピンカーブで>何を撮ってるのやら(苦笑)
P1000512

トンネルの出口で意味もなく一枚
P1000521


そして国道52号線に出て、下部より県道415号線より「林道湯之奥猪之頭線」へ
富士山が見えてきました
P10005392


田貫湖に立ち寄ってちょっと休憩P10005442 


いつもは缶コーヒーですが、今日は峠で気に入った場所があったら飲もうと思ってドリップコーヒー持って来ましたが、田貫湖にて煎れます。
どうも予定が狂いっぱなしの一日でしたね~(x_x)
P1000551

紙コップですが、味気ないので陶器製のカップを持って行こうとも思いましたがこの時期は陶器のカップはすぐに冷えちゃって使えません
どうしても陶器製に拘るときはバーナーを持参でその場で湯を沸かさないと駄目ですね>冬場は


マップルを見ながらルートを見直したり反省しながら一服して、帰途に着きました。
P1000554


本日の走行距離380㎞

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

雨天決行

11月1日

今日の天気予報は二転三転ところころ変わり、相変わらず訳が分からない天気です。
当日の降水確率50%でかなり悩みましたが、晴れを期待するから、いらいらするのであって
ここのところ天気に恵まれず、出かけられない日が続いてますので、もうこうなったら
雨だと思って雨天決行だ~~と決意してお出かけしてきました。

本日のルートは井川湖から身延方面に抜ける井川雨畑林道です(山伏峠越え)
事前に調べた結果、崖崩れにより今年の五月から通行止めで暫く通れないとの事ですが
もしかして現在は通れるかもと甘い期待をしながら行って見ることとします。
結末先に書いちゃいますが、これが泥だらけになったあげく引き返す事になる(爆)
(結果を気にしてたらダートなんぞ走れないのだ)

崖崩れ区間が多いのと未舗装区間がどの程度の状態か分からないため今回は
WR450Fで出かけました
途中由比バイパス沿いにある、浜のかきあげ屋さんに立ち寄り、桜エビの「かきあげそば」
を食べますが、かきあげはうまいのですが肝心のそばがどうも・・・・
黙ってても客が来る所ってどうも似たような傾向が有りますね。

でそばを食べ終わったとたん朝まで快晴だったのに突然雨が降り出しました。
普段なら引き返しますが、今日は雨天決行を決め込んでましたので、家を出る時点から
レインウェアー着用してたので、迷わずツーリング続行しちゃうもんね(笑)

まずは千頭を目指しますが、いつもは国道362号線は千頭から静岡方面に抜ける下り坂のぐねぐね道が好きで、坂を下るのみしか通った事が無かったので、今回は羽島から千頭に向けて坂を登る方向に走行しますが、つづら折りのヘアピンカーブの連続地点ではアクセルを開けすぎるとすぐにずるっとなるので
ハーフスロットルでの我慢の走行が続きます<これなら下り坂の方が楽しめました・・

そして千頭にてSLとWR450FP1000442P1000434



両国つり橋にて
河原に出てつり橋の下へP10004522


この辺りの河原って遠くから見ますと綺麗な砂に見えるので走ってみたくなり入ってみると、砂だと思ってたのが石ころだらけで・・・・
(遠くから見ると砂に見えるんですよね、これが)P10004582



井川湖を目指し長島ダムを過ぎたあたりにて
奥大井湖上駅と両側に掛かるのがレインボーブリッジ(はて?どこかでも聞いたような名前ですが・(笑))
P1000469



駅の上の方にあるのが、レイクコテージ奥大井
休憩所のみで売店とか宿泊施設では無いそうです、一見電車でしか来られなそうですが、写真向かって左側の橋に歩道が有り徒歩で来ることが出来ます。P10004712



井川湖に掛かるつり橋にて
この写真を撮るために往復したりして遊んじゃってます(笑)
高所恐怖症のため下は見ずに向う岸のみを見て渡ったのはココだけの話・・発進する時が一番怖かったりします(汗)P10004842

なのにナビを見て次のポイントを確認(笑)
P1000495


しかしなんでこのダムの水はこんな色なんでしょう??
暗いカワサキカラー??(爆)P10004902



そして山伏峠を目指し、途中に有る山梨県側は通行止めの看板を見ながらも頂上へ
しかし静岡県側もそこらじゅう崖が崩れててガードレールまで押し流されてる所も有る始末、水溜まりや落石を越しながらやっと頂上に辿り着きますが
ガビ~ンやっぱり五月より通行止めのままでした(山伏峠は静岡県から山梨県にまたがる峠です)

本日の気温13~14度くらいでしたが、ここでは気温9度 ですが、寒く感じなかったのは意外でした>自分寒さには弱いはずなんですが悪戦苦闘のすえ登ってきたせいかな?(笑)

写真が無いのは雨が降ってきたせいで撮影断念、いままでの写真も小雨の時だけを狙って撮りました
後で通行止めのゲートの前で一枚くらいは無理してでも撮って置くべきだったと思い後悔しました・・


さて今までゆっくりしてたせいで日没が迫ってます。
予定では身延にさえ出ちゃえば後は道が良いので夜になっても帰れるだろうとのんびりしてましたが
ここを引き返すとなるとゆっくりしていられません。
慌てて山を下りますが、石ころだらけの下り道は速度が上がりませんが、焦らず慎重に行きます。

がよせばいいのに同じ道を帰っても面白く無いと思って県道60号線で帰ることに事にしましたが、この道が長いのなんのって、いったいどこまで続くのだ?ってくらい嫌になるほど続くのである・・・・
たいがいの峠道ってせいぜい30分あれば通過できますが、1時間走ってもまだまだ半分も行きません
時間が掛かってるので日没になり路面がよく見えなくなるわ、雨で路面が濡れてるわ、落ち葉がいっぱい落ちてるわ、動物は飛び出てくるわ、小石がそこらじゅう落ちてるわでさすがにめげそうになりました。

少しでもペースを上げるとずるってタイヤが滑るんですが、路面が見えてて予想した時に滑るのは良いんですが、予期せぬ時に突然ずるって来るのは心臓に良くありません、これ程悪条件重なった経験は過去にもそうなかったかも・・>過去は忘れちゃうので(笑)

唯一の救いはナビの画面を見ながら1/4程きたど~1/2きたど~
後1/4程で国道に出られるぞ~って思いながら走れた事ですね(爆)

そしてやっとの思いで国道に出て無事家へ
泥だらけのレインウェアーのまま家に入っても後で始末に困りますので、どうせずぶ濡れなので
ホースで体に水を掛けてウェアー着たまま、洗車ブラシで体とブーツをごしごし洗います。
泥って乾くと落ちにくいので、乾かないうちにそのまま洗っちゃうと落ちやすいですので
この方法はお勧めです、後はそのまま吊して乾かすだけで手間いらず。
えっ?そんなのは誰もやらないって?自分だけかなこの方法(爆)

本日の走行距離ぴたっし400㎞でしたが、有料道路いっさい使わず下道だけで雨の中はさすがに疲れました・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »