« 懐かし画像 | トップページ | 箱根 九頭龍神社へ+箱根神社 »

2007年9月15日 (土)

久能山東照宮へ

9月13日木曜日

ここのところずっと雨ばかりでしたが今日はなんとか雨が降らなさそうなので

静岡市にある久能山東照宮に出かけてきました。

東照宮と言えば日光が有名ですが、久能山東照宮は日光より建立は19年ほど古く
久能山にある徳川家康公のお墓から御霊の一部を日光に移したと言われてます。

P1000672

久能山東照宮は断崖絶壁になってる山頂にあるためにふもとから石段の登山道(参拝道)を上るか日本平からロープウェイにて行く方法の二通り有りますが、楽なロープウェイを選択(笑)
※後で石段を見ましたが、見事な石段で、登らなかった事をちと後悔・・

日本平山頂って電波塔ばかりですねP1000637 P1000643



観光客が多かったので正面にてのバイク撮影は遠慮してすみっこに置いてと・・

P1000644


そしてロープウェイにて出発~~
久能山って日本平より標高が低いために、なんとロープウェイにて登るのでは無く、下るのである(笑)

わずか5分程で着きますがガイドさんが添乗してアナウンスが有ります
こんな所にも葵の紋が・・

P1000649 P1000782



そして久能山東照宮へ。
解説は写真にて省略させていただきます。(手抜きです(笑))

P1000664 P1000663
P1000778


まずは勘助井戸から。

掘ったと?自ら掘ったとは思えないので、掘るように命じたの間違いでは??(笑)

P1000665

城郭を偲ばせる石垣と階段、ここの雰囲気が今回の一番のお気に入りだったりします。

登山道はこの左側の階段を上がってきます。

P1000671

これが今回登らなかった石段050205125502


そして桜門へ

P1000672_2P1000675 P1000682   
P1000690


そして唐門へ

P1000693_2 P1000694


久能山東照宮って全体に作りが小ぶりなんですね、最初みたときはミニチュアか?これって思った程ですが
全てが手が届く程の近さで見ることが出来ます ので良いですね。
実際近くの物は手で触れる事が出来るので、ゲートを置いてますが、触ろうとすれば触れますので、重要文化財をこれで良いの?って思ったほどです。

唐門の彫り物P1000712 P1000711



唐門へ来る前に「神厩」と言う所が有ったのですが、あまり気にして無かったので載せ忘れましたが、後で公式サイトを見たら、中の馬の彫刻は「左甚五郎」作だそうで追加で載せました。P1000687P1000689


そして本殿へ

すべてが手が届く近さに!!!!

  P1000698  P1000705P1000735P1000738P1000760P1000759 P1000707   

P1000752


そして家康公のお墓へ

P1000717

ん?何なに、この木は、金の成る木だそうな。

P1000729P1000721

そして「神廟」へ
(家康公のお墓)

P1000727 P1000724   


そして本殿を後にしますが、帰る途中ふとした脇を入った所に小さな祠が・・・
これは公式サイトにもガイドブックにも説明が無く、調べられませんでしたが、石灯籠にある菊の御紋が気になりますね。
他はすべて三つ葉葵の紋です。

P1000771

そして帰途につきます
帰りの日本平パークウェイから眼下に清水地区を望む、天気が良ければ正面に、ど~んと富士山が見えるはずですが、生憎の天気です。

P1000784

夕暮れまではまだ多少時間が有るので、由比から 県道76号線を通り、県道180号富士山スカイラインを通って帰る事に。

76号線に入るもこの前の台風の影響でしょうか、途中で通行止めに合う、迂回路の看板が出てたのは良いが、これがまたいい加減で標識道理に走ったら元の場所に戻されちゃいました・・・・・・・・

ナビで抜け道見つけてなんとかしましたが、結構右往左往してやっと抜けたので、ナビが無ければ路頭にさまよってたかもしれません・・・

迂回の標識置くなら、まともなのを置いてくれ~~~
道が分かる地元の方には標識要らないので、標識ってのは道が分からない人の為に有るのに、役立たなきゃ意味ないぞ~~~って声を大にして言いたいです。

天候が良ければ152号富士山スカイラインで五合目まで行こうかと思いましたが、霧で見えないと予想されたために断念

でなんとかやってきた水ケ窪駐車場、やはり霧で富士山頂は見えませんでした・・・・
この地点で気温17度でさすがに寒かったですね。

この看板は霧で富士山が見えない時にイメージの為に立てたそうな・・・・
P1000791

そして裾野市に出て国道246号>沼津を経由して無事家に帰りました。

合計走行距離280㎞でした。

|

« 懐かし画像 | トップページ | 箱根 九頭龍神社へ+箱根神社 »

コメント

180号、ニアミスでしたね~!!(笑)

鮮やかでエキゾチックな神社ですね、神社は落ち着くので大好きです!私のひいきは箱根神社です、カップルでいくと別れるらしいのですが、真相は不明です(笑)

投稿: するめいか | 2007年9月16日 (日) 00時16分

久能山東照宮ってスゴイ建物ですねー(*゚∀゚)=3
いや~ツーリングって楽しそう(人´∀`).☆.。.:*・゚

投稿: ぺこみ | 2007年9月17日 (月) 03時19分

するめさん>

木曜日でしたら、いつも休みなので、たいまつ役しまっせ~(笑)
メルアドはプロフの一番下に書いてます。

そう言えば箱根神社ってそんな話あったね~>(-.-)遠い目・・・・
カップルで行った事が無いのでおらも真相はわがんねえ。

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2007年9月17日 (月) 15時46分

ぺこみさん>

仙台東照宮だって国指定重要文化財じゃありませんか。
http://www.sendai-toshogu.or.jp/index.html

女性ライダーの半数以上が主婦らしいので、ぺこみさんもいつかぜひどうぞ(笑)

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2007年9月17日 (月) 15時49分

神社好きの私、何度もじっくり拝見いたしました。
この朱色が好きです。
神社以外では鬱陶しいいろなのに、神社では神聖なたたずまいをみせてくれますよね。
そして左甚五郎の馬。
日光の三猿といい、私にはその素晴らしさがよくわからないです・・・。
リアリズムではなく、エッセンスの抽出という点で優れてるんですかね。

投稿: 如月 | 2007年9月19日 (水) 19時27分

如月さん>
朱色にはいろいろな意味が諸説ありますが。(防腐剤としての効果も)

神社においては厄除けの色としての神聖さが、意味を知らない人にも感じられるのかもしれません。

ん~ん甚五郎のすばらしさですか? 自分もよく解りません(笑)
仏像の彫刻師は有名な方が多数居られますが、動物を彫る方で有名な方は左甚五郎の他に存じません。
だから有名なのかも・・>これは勝手な想像です。

調べたところ「三猿」の甚五郎の彫刻は、日光においても神厩舎の長押の上にあり、馬を病気から守るとされてますね。

日光へは陽明門の魔除けの逆柱を見てみたいのでいつか行ってみたいですね~。
※サイト見てたら気になってしまいました(笑)
>日光東照宮の建物を代表する陽明門は、高さ11.1メートルの2>層造り、正面の長さが7メートル、奥行きが4.4メートル。
>粉粉-ごふん-(貝殻をすりつぶしてつくった白色の顔料)を塗った
>12本の柱には、グリ紋と呼ばれる渦巻状の地紋が彫られている。
>有名な「魔除けの逆柱-まよけのさかさばしら-」は、門をくぐり終>わる左側の柱。グリ紋の向きがこの柱だけ異なっている。
>これと同じ逆柱が、本社の拝殿と本殿に1本ずつあることは一般に>はあまり知られていないようだ。
>グリ紋それ自体に魔除けの意味があるといわれているが、「家を建>てるときは瓦-かわら-3枚残す」という言葉があるように、建物は>完成した瞬間から崩壊が始まる。それなら1か所だけ仕様を違え、>建物はまだ未完成であると見なし、建物が長持ちするよう願った、>という推理もできる。
http://www.nikko-jp.org/perfect/toshogu/youmeimon.html

投稿: sugimoto(★しょうが★) | 2007年9月20日 (木) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196693/16457240

この記事へのトラックバック一覧です: 久能山東照宮へ:

« 懐かし画像 | トップページ | 箱根 九頭龍神社へ+箱根神社 »