« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月27日 (木)

ちょっとお出かけ

9月27日

今日は朝から出かけるつもりでしたが、天気予報を見ると、近場なら平気そうだけど、ちょっと遠くですと
雨に降られそうな事を言ってるし、どんよりしてるので、昼頃まで家でうだうだしてたけど
昼になったら快晴になったので、こりゃ出かけるっかね~べってな感じでお出かけしてきました。

昼頃は涼しかったのに、その後どんどん気温が上がり、突然蕎麦が食べたくなって探しながらの走行でした

蕎麦屋さんならすぐに見つかると思いきや、いざ探すとなると、見つからないもんですね・・・
やっと見つけても準備中とか休日とかで、蕎麦屋さんってこんなに見つからないものなの??って今日はしみじみ思いましたね・・・

しかし意地になる程見つからないもんですね、普段は何気なくあるんですが・・・・
食えないとなると、よせばいいのに、余計にこだわりだして「うどん・そば」の店じゃ嫌で、蕎麦専門じゃなけりゃ嫌じゃとか、どんどん蕎麦への思いが強くなってきます。
せっかく食べるのだから、はずれを引きたくないんです、やっと見つけた店がもしマズかったら失望するのは目に見えてるので、蕎麦専門のほうが無難だよね、との思いがそうさせてしまいます。

で結局見つからないまま伊豆一週しちゃいました>今日は自分で自分をあふぉじゃ~
ってつくづく思った日でした(爆)

地元に近づけばどこに蕎麦屋さんが有るかは分かってますが、その頃には蕎麦への思いも覚めて
もうどうでもよくなってしまってましたので、結局蕎麦は食べずに終わりました。

ってな訳で今日は写真は無いです

※蕎麦が食べたくなる前に撮った写真がありますが、それは次回にしますね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

道の駅 ゴミ箱問題

お出かけしたときに道の駅を使わせていただいてますが、ゴミ箱を置いて無い駅があります。

看板にゴミ箱を置か無い理由等が、テロ対策のためとか、家庭ゴミを持ち込まれるのでご理解してください等
さまざまな理由が書いてありますが、はたしてこれで良いのでしょうか???

道の駅を名乗る以上、旅行者に役立つ為に出来た施設のはずです。
車ならまだしもバイクですと売店で買った食べ物の袋とか串とかの
タレとか汁が付いてるこのゴミをバイクで持ち帰ろって言うのでしょうか・・・

これではゴミは出た地域の自治体が処分する原則があるのに、他の地域の自治体で処分してねって言ってるのと同じです。

売店が無ければゴミは持ち込まないで下さいと言うのは分かりますが、中には自動販売機が有るのにもかかわらず、缶の捨て場所も無い道の駅も存在します
バイクでこの空缶をどうやって持ち帰ろと・・・・
近場のツーリングですとバッグは積んで無いので、積むところが無いのに困ったものです
かくして販売機の周りは空き缶やゴミが散乱してます・・・

ゴミ箱を置かない最大の理由は家庭ゴミの持ち込みを嫌がってと言うのは存じてますが
ゴミ処理費用がもったいない、掃除が面倒等で責任を逃げてるしか思えません。

皆さんはどの様にお考えでしょうか??よろしければ意見を伺いたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

続・バイク駐車場問題

以前バイクの駐車場問題について書いた事がありますが

プレストさんのHPを見てたら気になる記事がありました。

内容はこうです。

警視庁に交通相談コーナーという部署があって、ここでは交通に関する質問などを24時間受付で答えてくれるそうだ。

で、電話してみたのだが、…出ないんだなこれが。

本当に緊急な事件・事故は110番に電話するのであって、「緊急ではない・相談・情報提供・執務の案内・要望などは」この相談ホットライン、というなのだが…。昨今色々事故やトラブルも多く、人員がそちらに割かれていて電話に対応できないのかも知れない、などとと好意的に考えてみたりするものの、やっぱり24時間対応とまで書いておいて、窓口としてはそれは如何なものか。

と、何度掛けても呼び出し音鳴りっぱなしの電話に悪態をついていたが、間をあけつつ根気よく掛け続けて3時間後、ようやく電話がつながった。
早速くだんの疑問をぶつけてみる。すると…

    「路上のパーキングメーターでオートバイは駐輪できるのでしょうか?センサーが作動しない事があるので、使えないと聞いたのですが。」

    「いえ、オートバイでも使って頂いて構いませんよ。ちゃんとセンサーが反応する位置に停めて頂ければ問題ありません。」


    いきなりOKが出た!それなら一気に駐輪のハードルが下がるではないか。気を良くしさらに続けて

      「では白線で囲ったエリア内にきちんと納まる様に、複数台のオートバイを駐車することは可能でしょうか?」

      「いえ、それはできません。枠内に停められるのは1台のみで、納まっていても何台も入れては駄目なんです。」


      これまた明確な回答が帰ってきた。う~む、それはダメか。枠内の占有率からすると随分スペースが勿体ない気がするのだが、では時間をオーバーした際にはどのマシンを違反とするのか?と考えれば仕方ないかな、といったところだろう(おのおのに対して切符を切れば警察は大儲け、という考え方もできるけれど)。

      002 きちんと並べれば優に4台は置けそうで場所がもったいない気がするが、複数台駐車は禁止。


      とありますが、最初に一台停まってたとします、後から三台誰かが停めちゃいました。

      とするとどれが違反車両で、どの車両が料金を払ってちゃんと駐車したのか、どうやって見分けるのでしょうか???

      全車両違反になるのかな??まったく訳分かりません・・・

      今はこれ以上調べる気力が無いので、どなたか交通相談センターに問い合わせてみます??(笑)

      | | コメント (4) | トラックバック (0)

      2007年9月21日 (金)

      箱根 九頭龍神社へ+箱根神社

      九月二十日

      今日は日差しが強そうなので、暑いところは避けたかったので、涼しそうな箱根に出かけて来ました。
      箱根には何十回となく行ってますが、未だに行ったことが無い「九頭龍神社」へ行くことに決定。

      九頭龍神社に付いては、こちらのサイトを参考にさせていただきました

      普段は有料道路は使わずに箱根に行きますが、今日はとても快晴なので伊豆スカイラインを全線走行することにします、もし通っても亀石峠で降りちゃうので、全線走行する事は滅多に無いので、地元なのにコーナーを覚えてないんですね、地元の人はそんなもんです(笑)

      日差しが強いけど湿度が無くて、いや~涼しい~~~、たまにはスカイラインも良いですね~(笑)
      涼しいので一気に箱根を目指します、なんせ箱根まで50㎞以上信号が1つも無いし、道路で立ちんぼしてる公務員さんが滅多に居ないので、ぬわわ㎞のまま一気に箱根に到着。

      箱根神社の鳥居を撮影しながら「九頭龍神社」に向かいます。

      FZ1と湖畔に立つ平和の鳥居
      P1000033

      続きを読む "箱根 九頭龍神社へ+箱根神社"

      | | コメント (3) | トラックバック (0)

      2007年9月15日 (土)

      久能山東照宮へ

      9月13日木曜日

      ここのところずっと雨ばかりでしたが今日はなんとか雨が降らなさそうなので

      静岡市にある久能山東照宮に出かけてきました。

      東照宮と言えば日光が有名ですが、久能山東照宮は日光より建立は19年ほど古く
      久能山にある徳川家康公のお墓から御霊の一部を日光に移したと言われてます。

      P1000672

      続きを読む "久能山東照宮へ"

      | | コメント (6) | トラックバック (0)

      2007年9月 5日 (水)

      懐かし画像

      かっては森昌子さんがバイクの宣伝に出てたのは知ってますか??

      当時はバイクのCMとか結構有名人出てましたね~~

      1



      この画像を見てなつかし~~と思った方は結構なお年で(爆)

      2

      | | コメント (6) | トラックバック (0)

      2007年9月 4日 (火)

      黄色いセンターライン

      黄色いセンターラインを見て「追い越し禁止」と思ってる方は居られますでしょうか?

      「追い越し禁止」になってる道ってまず見たことがないです。

      「追い越し禁止」の補助標識が無い限り、センターラインを越さなければ追い越し可能ですが
      黄色=追い越し禁止ってすり込まれちゃってる方が多いのではないでしょうか。
      教習所でも習うはずなんですが、車同士ではほとんど抜ける道が無いので
      黄色いセンターラインを見ると、追い越し禁止だと思いこんじゃってますが

      これはバイク側から見ますと、迷惑な事で抜ける幅が有るのにも関わらず左に寄ってくれない為に
      追い越しが出来ずいらいらします。

      追い越される側の義務として
      「追い越されるときは、『追越しが終わるまで速度をあげてはいけません。また、追越しに十分な余地のない場合は、できるだけ左に寄り進路を譲る』(交通の教則―運転者用―より」
      と有りますがこれを覚えてる車の運転者ってあまり居ないのではないでしょうか

      バイクで抜きたい時は前の車に「ちょっと左に寄って行かせてくださいな」オーラを送るのですが
      追い越し禁止だと思ってる運転者にはオーラが伝わらず・・・(笑)

      仕方ないので左にたまたま寄った隙に一気に抜いちゃいますが、びっくりされることもしばしば
      かと言ってホーンを鳴らしたりパッシングをしたりして存在を気づかせる行為も逆効果になりかねないんですね・・
      ※車は遅くて邪魔なバイクは抜いてるのにね・・・

      法規くらいは覚えといてねって言いたい、今日の日記でした。

      | | コメント (0) | トラックバック (0)

      2007年9月 1日 (土)

      続、続、バイクでちょっと、こ出かけ

      続、バイクでちょっと、こ出かけの続き。

      下田海中水族館を後にして田牛へ。 伊豆でもここら辺りまで来ますと、海の色がエメラルドグリーンっぽくなってきますね。

      そして田牛の「サンドスキー場」へ。

      ここは、人工的に作られた物では無く

      季節風によって砂だけが斜面に吹き上げられて出来た、天然の砂のゲレンデです。

      スキー場と言っても実際はソリでしか遊んでないのがご愛敬(笑)P1000620 P1000619

      そしてすぐ隣に龍宮窟が有ります

      別名「二穴洞窟」とも呼ばれ、本来は海から船で入るか、真上にぽっかり空いた穴からロープでロッククライミングで降りるしか入れない構造なのですが、道路側から人工的に穴を掘り入り口を作ったので、すぐ見られるようになってます。

      龍宮窟の入り口、看板を見落とすと気が付きません。
      P1000608

      こんな小さい穴に入って行きますP1000609


      そして20mほど進むと、海と空に向かって二つの穴が開いてる洞窟が・・

      思わず言葉を失うほど幻想的な世界ですねP1000610P1000611



      そして宇久須から仁科峠を通り西天城高原へ行くも

      またしても霧・・・・

      この時期は山岳道路はたいがい夕方以降は霧が出てます、今年になってここには三回来てますが、いつも来るのが夕方なので、通れた事は一回しかありません、とほほ。

      霧ってシールドに付くと曇りとは違って細かい水滴が外側に付くので「曇り止め」は効果無いですね、手袋でぬぐいながらの走行になりますが
      視界がぜいぜいよくても20mくらいなので「西伊豆スカイライン」は走るのを止めてすぐに湯ヶ島方面に抜けて帰宅しました。

      走行距離は250㎞ほどでした。

      | | コメント (8) | トラックバック (0)

      « 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »