« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

ベビースターラーメン

ご存じベビースターラーメンですが、限定発売だそうで、八種類二百円なので思わず買ってしまいました。

う~ん味は・・それなりの雰囲気出てると思いますけど・・・何か?(笑)

Dsc_0035_1


※追記 その後完食しましたが結構いけるかも~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

大室山の山焼き

Yamayaki060212yamayaki06 











地元のイベント紹介です

標高581m、「大室山」全体に火を放ち、山をまるごと焼き尽くす、「大室山」山焼き。
来る2月11日、日曜日開催 (ですので写真は以前のもの)
雨天・荒天の場合は一週間延期されます。

続きを読む "大室山の山焼き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

蛍の光

そう言えばもう来月は卒業シーズンですね
卒業式といえば「蛍の光」が有名ですが
蛍の光は3番及び特に4番が意味深いですね
が、明治時代に作られたので軍国色が強くて滅多に
3~4番は歌われませんが意味を調べましたので書き出して見ました。

  「蛍の光」

蛍の光 窓の雪
書読む月日 重ねつつ
いつしか年も すぎの戸を
開けてぞ今朝は 別れゆく

とまるも行くも 限りとて
互みに思う 千万の
心のはしを ひとことに
幸くとばかり 歌うなり

筑紫のきわみ 陸の奥
海山遠く へだつとも
その真心は へだてなく
ひとえに尽くせ 国のため

千島の奥も 沖縄も
八洲のうちの まもりなり
いたらん国に いさおしく
つとめよわがせ つつがなく

  読み

ほたるのひかり まどのゆき
ふみよむつきひ かさねつつ
いつしかとしも すぎのとを
あけてぞけさは わかれゆく

とまるもゆくも かぎりとて
かたみにおもう ちよろずの
こころのはしを ひとことに
さきくとばかり うとうなり

つくしのきわみ みちのおく
うみやまとおく へだつとも
そのまごころは へだてなく
ひとえにつくせ くにのため

ちしまのおくも おきなわも
やしまのうちの まもりなり
いたらんくにに いさおしく
つとめよわがせ つつがなく

  意味

蛍の光や雪に反射して窓から差し込む月の光を使って
書物を読む日々を重ねていると
いつの間にか年月が過ぎ去っていき
今朝は杉でできた扉を開けて級友と別れていく

ふるさとに残る者もふるさとから出るものも今日限りでお別れということで
互いに思う何千、何万という
心の端々をたった一言
「無事で」とばかりに歌うのである

九州の果てであろうと東北の奥であろうと
海や山が遠く隔てたとしても
真心だけは場所に関係なく
ひたすらに力を尽くせお国のために

千島列島の奥も沖縄も
日本の支配下にある
日本の支配が届かない国には勇敢に
「仕事」をしてください男性のみなさん、どうぞご無事で

  解説

○蛍の光 窓の雪
これは、灯油も買えなかった苦学生が蛍を捕まえてその光を利用したり、窓から差し込む雪の照り返しを利用したりして夜も勉強をし、その人は立派な役人になったという中国の有名な故事を元にした歌詞です。「蛍雪の功(けいせつのこう)」という言葉としても残っています。

○書読む月日 重ねつつ
前の歌詞を受けて、そんな苦労をしながら書物を読む日々を重ねながらという意味です。

○いつしか年も すぎの戸を
これはそのままなのですが、「すぎの戸を」の「すぎ」は「過ぎ」と「杉」の掛け言葉です。ですから、「いつの間にか年月が過ぎ、杉の戸を」と訳すのがいいでしょう。

○開けてぞ今朝は 別れゆく
これはそのままです。「杉の戸を開けて今朝は級友と別れていく」という意味です。

○とまるも行くも 限りとて
「とまる」はここではその土地にとどまること、「行く」はその土地から別の土地に出て行くことを表します。また、「とまるも行くも」は「者」が省略されていると考えられるので、「ふるさとに残る者も出て行く者も」と訳すのがいいでしょう。

○互みに思う 千万の
「互み」は「互いに」という意味です。「別れる人々がそれぞれ抱くたくさんの思い」という感じでしょうか。

○心のはしを ひとことに
前の歌詞と合わせて、「たくさんの思いの端々を一言にまとめて」という感じです。

○幸くとばかり 歌うなり
「幸く」は「無事で」という意味です。これも前の歌詞と合わせて、「たくさんの思いを無事でという一言にまとめて歌うのである」という感じです。

○筑紫のきわみ 陸の奥
「筑紫」は九州の事、「陸の奥」は「みちのく」、つまり東北の事です。どちらも中心から遠く離れた土地の例として挙げられています。

○海山遠く へだつとも
これはそのまま、「海や山が遠く隔てても」という意味です。

○その真心は へだてなく
これもそのままです。前の歌詞を受けて「その真心はどんなに遠く離れた場所であろうとも隔たることなく」という意味です。

○ひとえに尽くせ 国のため
「ひとえに」は「ただひたすらに」ということ。「国のため」は当然「日本国のために」ということです。戦前に生まれた歌詞なので軍国色がありありと出ています。

○千島の奥も 沖縄も
「千島」は「千島列島」の略で、「沖縄」と同時に「日本」の範囲を表現しています。

○八洲のうちの まもりなり
「八洲」は「日本」の別の言い方で、「日本」より上品な言い方です。前の歌詞と合わせて、「千島列島から沖縄までは日本の支配下にある」といった感じでしょうか。

○いたらん国に いさおしく
「いたらん」は「日本の支配が及ばない」、「いさおしく」は「勇敢に」ということで、全体で「日本の支配が及ばない国には勇敢に」という意味です。

○つとめよわがせ つつがなく
「わがせ」は女性が夫や恋人、男兄弟を親しみを込めて呼ぶ言葉、「つつがなく」は「無事に」という意味です。夫や彼氏、兄弟には他国を支配できるようがんばって欲しいという感じの意味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

つるし雛

P1090124152 そういえばもうすぐひな祭りですね~
雛祭りといえば隣町になりますが「つるし雛」という風習が有りまして紹介したいと思います
どの様なものかはここのサイト見てみてね。
http://www.izu.co.jp/~hamabe/new_page_4.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

WR450

Dsc_00022 現在乗ってるYAMAHA 03WR450Fモタード仕様です








Dsc_0019 フロントブレーキはベルリンガー4POT
タイヤはダンロップD253 
スライダーはメーカー製のが見あたらず
ジュラコン材から削り出しで自作しました
う~~むちょっとデザイン的にはちょっと大きすぎたかも
(コケて削れたら一回り小さくしちゃいましょう(爆))

続きを読む "WR450"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »