« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月19日 (金)

HX90ナンバー取得顛末記

HX90のナンバーを取得する為に市役所に行ってきた時の顛末記です。

以前バイク屋が最近は役所がいろいろうるさくなって、新車ならそうでもないが、一回抹消したのはナンバー取るのが大変とは聞いてましたが、そのときは自分も同じ目に遭うとは思って無く何気なく聞いてました、中古で最初から売る気が有るやつはそうでもないけど、なにげなく保管してたのは、抹消証明とか委任状とかもらってないので何年も経つと何がどうなってるかいちいち覚えてないのが普通でして、

で役所に行きましてナンバー申請したら、まずいきなりどこで入手してどういう風に買ったバイクかととやかく聞かれまして・・・

以前は申請書出せばすんなりすぐにナンバー出してくれたんですが、うるさいとは聞いてましたが
いきなり、いろいろ聞かれるとは思わず、一瞬引いてしまった・・(汗)
盗難車とか多いのでうるさくなったとか説明はしてくれたんですが、フレームナンバーで照会して盗難車ではないことは確認したにも関わらずですよ・・
以前の所有者もその前の所有者も倉庫で保管のため登録はせず持ってただけのために、抹消証明もいつ頃まで誰が登録してたのかも解らないのは事情説明で、解ってもらえたので、入手経路だけ書いてもらえればOKとの事で昨日はナンバーもらえずに帰ってきたのでした

そしてバイク屋の知り合いにその話をしたら、自分から買ったと解ればOKなので譲渡証明書いてやるよとなり、書いてもらい市役所に二回目行きました
そして役人に譲渡証明を出したら
あの~~これ前の人が登録してたなら良いが、してなきゃ駄目ですよって言われ・・却下されました・・・   ちゃんとそこまで説明しろっての~~~
で役人の言うには証明無くても良いが、経路をちゃんと書いてくれれば良いんですとは言うのですが、前の前の持ち主まで解らないし、前の持ち主も知り合いのつてを頼って買ったので前の持ち主の正確な住所とか名前まで知らんと言うし・・
そしていろいろ役人と話ししてみたんですが、これね販売店から買ったものなら簡単なんですけどねってポロッと言ったんですよ

そこにヒントが有ったんですね、では販売店の店印押した譲渡証明あればOKですよねって聞いたら、それが役所としてはハンコを貰ってこいとは言えないんですよって言われ
まさに建前社会を目の前にしました、そういうことなんだがそうしろとは言えないってところなんですよね・・役所って  でもヒント教えてくれたけどね(笑)

そしてまたまたバイク屋に行き、店のハンコ押してくれ~って頼み、バイク屋から買ったことにしてもらって、バイク屋の譲渡証明を手に入れたのでした

でまたまた計三回目の役所に行き、バイク屋の譲渡証明に判を押した申請書を出したら
すんなりナンバー持ってきたとさ・・・

まったく最初からそう言えっての~  でもそういえないのが役所って事も解りましたよ・・・

でまだまだ話は有って役人が持ってきたのが白いナンバーだったんですよ

知らない方のために書きますが原付一種50cc以下は白ナンバー、原付二種90cc以下は黄色ナンバー、125cc以下はピンクナンバーになってます

そして白ナンバーの番号で登録証明書を書き出したんですよ・・・

俺   あの~~その白ナンバーは原付一種50cc以下ので自分のは原   付二種で90cc以下なので黄色ナンバーじゃないんですか???と言いました

役人  あああああああああああああああああああああああああ

俺   えええええええええええええええええええええええええ

役人  すいません間違えました

俺   なんか変だよねとは思いましたが自分がすぐに気がついて良かったですね

役人  すいません(平謝り)

そして白ナンバーを黄色ナンバーと交換して一回書き込みした登録ナンバーの用紙を捨て新たな登録書に書き込み、申請書に書いた番号を修正した役人でありました
あれほどうるさく言っときながら、自分はナンバーを間違えて渡すというそんなお役所って・・・・まったく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HX90

Hx901 2サイクル2気筒90ccは市販車で世界最小のマルチエンジン。
スポーツバイクでは世界最小のピストン。直径はわずか36.5mm。
ピストンバルブによる独特の吸気音。2本のマフラー。
それらが奏でる音はジェットサウンドとよばれた。
もう2度と出てこないカテゴリです








「お断り、現在手放してしまったのでこれは過去記事になります」


HX90に高校以来30年ぶりに再会

高校生の時に乗ってたバイクなので想い出深いHX90

HX90って二気筒なのでついうっかり125cc以下なのを忘れ自動車専用道路を走り、料金所の係員も気づかずそのまま通行してしまった事があります・・・・(これは後で友達に指摘されて気づいたのね・・)

知り合いのバイク屋がレストアするつもりで手に入れたが、やってる暇がないので、ゆずってくれるって話になり
昭和48年製(1973)なのでかなり復活には手間がかかるので、二ヶ月ほど悩んだが、譲り受けること決定。

錆だらけのタンク洗浄、キャブレター洗浄などしてやっとこさエンジンが掛かったはいいが・・・

がび~~ん・・・シフトが動かずチェンジ出来ず・・ニュートラルのままで、走れませ~~ん・・

車体+予備エンジン+ミッション二台を譲り受けてたので、エンジン&ミッション載せ替えるが・・・

今度はチェンジは出来るがエンジンからガラガラと音が・・
エンジンがだめで・・・

つまりミッションを元のエンジンに乗せ替えるかクランクシャフトを今のに載せ替えるか・・どっちみち両方ともかち割って 部品を移し替えないとスワッピング出来ない・・・げげ
二個も開けるの大変だしな・・さすがに凹んだ・・・

で、とりあえず前のやつのミッション修理出来るか開けてみたらなんとかシフトフォーク動きそうなので悪戦苦闘しながらなんとか走行できるようになりました

次回はナンバー取得顛末記です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメット買いました

305340329_181_1

一枚目の写真が今回買ったフルフェイス










305340329_100二枚目のが今までも持ってたのと一緒に撮影









305340329_204_2 三枚目のは後ろからWR450F、手前がHX90、右にちょこっと見えるのは草刈機のタイヤ・・

買いに行ったのは06年12月17日です






ジェットタイプは冬はアゴがが寒いし,オフロードタイプのは速度を出すとアゴをちょっとでも上げると頭が強烈に後ろに持ってかれちゃうのですが、夏は意外と蒸れないので気に入ってましたが、やっぱりフルフェイスタイプのやつが欲しいと思い、買おうかどうしようかお悩み中でした。

Araiのヘルメットは来年から値上げするのでどうしようかと思いながらふとNAP'Sの広告見たらセール中でしたので急遽買うことに決定しちゃいました。
NAP'S横浜店に行ってヘルメット売り場にいったらほとんどがArai目当ての客ばかりで、みんな同じ事考えてたみたいでなんとなくおかしかったよ(笑)

やっぱりフルフェイスは風切り音がしなくて静かだね~~(笑)
快適快適

実は今までフルフェイス持ってなかった訳じゃ無いんですが
とりあえず安いの買ったりで気に入ったのを持ってた訳じゃ無かったし
かなり古いのはとっくの昔に処分しちゃってなくて
で、バイク屋にいらないのは五個ほどあげちゃってフルフェイスは現在所有してなかったんですよね

ヘルメットと言えばYAMAHAでキティーバージョン出してますが
さすがにこれはおらは買わないだろな・・
http://www.ysgear.co.jp/source/product_detail.asp?CLASS_CODE=13200&KISYU_NAME=&PRO_GRP_CODE=907911635J00&ON_SHOP_FLG=%83I%83%93%83%89%83C%83%93%8D%DD%8C%C9%96%B3%82%B5&GRP_MAINTE=%83%81%83%93%83e%83i%83%93%83X%96%B3%82%B5

この青バージョンはいつかは欲しいなと思ってますね
http://www.ysgear.co.jp/source/product_detail.asp?CLASS_CODE=13300&KISYU_NAME=&PRO_GRP_CODE=907912200M00&ON_SHOP_FLG=

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »